楽しそうだ!英・中・韓

仕事 / 映画 / 読書 / 語学 / 音楽 / わんちゃん

The Köln Concert / KEITH JARRWTT

f:id:kenessence:20201023213145j:plain

 

昨晩ネットニュースを見ていると「キース・ジャレット」という名前が目に入ってきた。

どこか見覚えのある名前だなと思ったら、15年以上前にいただいたレコードに名前を発見。

当時ラジオDJをしていた頃で、番組に出演されていたレコードショップのオーナーからのプレゼント。

「これは、名盤中の名盤だから、聴いとき」と言われたことを記憶している。

 

しばらく聴くことがなくしまい込んでいたが、久々に一日中かけてみた。

心地よいなんて、誰でも思い浮かぶような言葉を使いたくはないけど、心地よいよね。

とても即興で演奏しているなんて思えない。

史上最も売り上げを伸ばしたピアノ・アルバム。400万枚だって。

その一枚が、私の手元にあるという偶然。

そして、キース・ジャレットはこの方に師事していたという。

 

www.kenessence.com

 

そうです、マイルス・デイヴィスです。

またもや偶然、先月この映画を鑑賞したばかりでした。

偶然が重なり続けることが、今につながっているように感じますね。

 

昨晩は上弦の月を眺めながらキース・ジャレットの最高の演奏を堪能。

1975年1月24日に行われたコンサート。

会場にいた1300人の方々は一生に一度の貴重な体験ができたんですね。

 

キースさんの回復を心より願っています。

 

以前ラジオDJをしていた頃、中古のレコードプレーヤーとアンプを購入。好意にしてくださっていたレコード店オーナーからはスピーカーをいただく。レコードから流れる音楽がこの上ない幸せなひと時を演出してくれることを実感。何の変哲もない日々の一コマに、音を楽しむエッセンスを注いでいく・・・。おすすめしたい状況などはあくまで個人的見解ですので、あまり気になさらない程度にお楽しみください。