楽しそうだ!英・中・韓

仕事 / 映画 / 読書 / 語学 / 音楽 / わんちゃん

『TENET』

f:id:kenessence:20200921225044j:plain

IMAXにて鑑賞

 

 

 

If I were a movie writer, I would ask Christopher;

'What are you usually thinking about?'.

 

 

パンフレットにクリストファー・ノーラン監督のコメントが掲載されていました。

映画と映画館の在りどころに光を当てる文章だと思います。

 

Movie theaters have gone dark. But movies don't cease to be of value.

When this crisis passes, the need for collective human engagement,

the need to live and love and laugh and cry together, will be more powerful than ever.

We need what movies can offer us.

 

いつかインタビューの現場に関われることを夢見てしまいます。

 

 

 

TENET

【映画情報】

監督:クリストファー・ノーラン

出演:ジョン・デビッド・ワシントン、ロバート・パティンソンエリザベス・デビッキ

原題:TENET / 2020 / アメリ

自称シネマフリーク。数年前から一年に100本以上の映画を映画館で鑑賞。もともと映画館で映画を観ることに全く興味がなかった私。しかし、生きている英語を学ぼうと映画館に立ち寄ったところ、忽ち映画のとりこになってしまう。今では行きつけの映画館がいくつもあるほど。以前の作品や最新作など、映画館で観てグッときた映画にワンコメントを添えてご紹介いたします。