楽しそうだ!英・中・韓

仕事 / 映画 / 読書 / 語学 / 音楽 / わんちゃん

暮しの手帖 7

f:id:kenessence:20200906151440j:plain

 

7月下旬に購入してすっかり忘れてしまっていた。暮しの手帖夏号。暦上はすでに秋。それでも30度越えは当たり前の日々は続く。しかも巨大台風が迫る中、読み進めている。

ちょうどよいタイミングというと不謹慎に聞こえるかもしれないが、防災リュックとグッズの特集も。自宅にもあるにはあるが、ただ存在しているだけの防災リュック。読みながら、いま自分が置かれている状況と実際に照らし合わせながら確認中。やはり「体験」は大切。いや、今まさに迫り来る台風である。

私なりに事前準備はした。運よくミネラルウォーターを並ばずにすんなり1箱購入。合わせて、普段は買わない袋入りの即席麺や常備菜を作るように食材も。養生テープが売り切れだったので、幅広のビニールテープで補強。段ボールやガムテープも用意。ベランダの整理もして、窓際にあるリオンさんの寝床も内奥に移動。

ここまでは通常のことだが、整えていると意外によいアイデアが浮かんだり。少し厚手のカーテンを窓を閉める際に30㎝ほど挟み込んで閉める。そして右左のカーテンを閉めて真ん中の部分を20箇所ほど刺繍糸でしっかり縫い付ける。こうすることで、万が一窓が破損してもガラスの飛散を大きく軽減できるはず。手を使って実際に「体験」してみるって大事だなと思う。

ちなみにまだ非常時になってもいないが(このブログを書いている現在)、購入した即席麺うまかっちゃんは実食済み。ふわふわの食パン1斤もすでに残すところあと1枚。自分の食欲に対する甘さを恥じる。「体験」が過ぎると実際の時、大変だ。これもまた教訓となるのだろう。